読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャグリングのやり方。

初心者向けジャグリング解説。

静岡大道芸W杯ワールドカップに来たすごいジャグラーを振り返る。

ジャグリングの大会ではないが……

大道芸はピエロやアクロバットの為のものではありません!!

ちゃんと静岡大会にも素晴らしいジャグラーが来ていた!

その事実を一緒に確認していきましょう。

 

※ググれば映像いっぱい出てきますので、一部、映像の紹介は割愛します。

アランシュルツ ALAN SULC

アランシュルツは、いわずとしれた、バウンス界の貴公子、バウンス界のアンソニーガットーです。

完璧なフォームと、世界トップクラスの技。バウンスジャグリングには、ボールを普通に投げて落とした反動であやつるリフトバウンスと、ボールを叩きつけるように地面にあてるフォースバウンスの2種類の投げ方がありますが、アラン先生は後者のフォースバウンス以外は使いません。

もちろんトスジャグリングもとても上手です。

 

ルークウィルソン LUKE WILSON

ルークウィルソンを僕が見たのは中学生の時で、そのとき僕は素晴らしいジャグリングだと思いましたが、しかしまだルークウィルソンの素晴らしさをちゃんと理解していませんでした。その時はルーカルーカという名前で、女性のジャグラーと一緒に来日していました。

この1998年のルークウィルソンのルーティンはとても素晴らしく感動的なものなので、ぜひ見てください。

 

【関連動画】

Luke Wilson, Club Juggling, EJC 1998 - YouTube

 

ビクトルキー Viktor Kee

筋肉ムキムキの裸柄のタイツを来たよくわからない新生物みたいなジャグラーです。

うーんコメントしづらいですが、僕はこれをみて世界のレベルの高さに圧倒されました。

ハイレベルなコンタクトジャグリングと、トスジャグリングをやっています。

どちらかというとコンテンポラリーダンスでしょうか。

ジャグリングじゃないよね。って言われたら反論できません。笑

 

クラウディウスシュペヒト Claudius Specht's

道具箱からクラブが飛び出すスタイルで、スーツ姿でクラブジャグリングをやります。ジャグリングを始めたのはかなり遅いらしいですが、聞いたところ、ジャグリングを始めたのは17歳頃で、かなり練習したらしいです。静岡の屋外という悪条件の中で、7クラブを見せてくれました。

 

トニーダンカン

トニーダンカンのジャグリングを見て感動しない人はいませんが、1996年に来日していたらしいです。僕はまだ小学校にすらあがっていません……

コンタクトジャグリングの名手ですね。すこしトリッキーな感じでしょうか。

ジャグリングの魅力を見事に伝えています。

 

【関連動画】

Tony Duncan - YouTube

Tony Duncan Contact Juggling @ Turbofest 2010 - YouTube

 

おしまい

いかがでしたか?

僕はどうも記憶力が悪いのと、今日は記事を3つも続けて書いたのでこの辺にしておきます。

他にもいましたら補足お願いします!

 

もちろん日本人にも素晴らしいジャグラーはたくさん居ますが、今回はあえて触れないでおきます。

 

僕がもう一度見たいと思うのはトニーダンカンと、そして故人ルークウィルソンのジャグリングですね。

この人たちは高い技術を持っていますが、しかし技術だけではありません。何か技術以外のものが、魅力的なジャグリングに見せています。

このようなジャグリングが、なぜこんなに人を引き付けるのかわからないんですが、そういうのもジャグリングの面白いところだと思います。